スポンサードリンク





化粧品
↓ ビーグレンのコスメがたっぷりお得にお試し出来ます ↓
スキンケア

2007年09月15日

中年男性を好む20代女性の心理とは

男というものはいくつになっても、20代のいわゆる「おねぇちゃん」が好きなのです。女の子からどう思われてるかなんて関係なしです。ほんと、若い女性が好きな中年男性って多いですよね?(むかつく?)。40歳を過ぎて独身なのに、20代前半の女の子を求めるなっつうの。

普通、40を超えたオジンと結婚しようなんて物好きな若い女性はいません。いくら周囲にオジンしかいない環境にいる女性であってもね。高校時代に、年上の男性が好きって言う同級生いましたよ。その子は同年代の男の子が髪を染めたり、ワックスで固めるのが苦手らしく、「白髪だらけの頭や禿げた頭のおじさんが好き」とかいってました。しかも加齢臭とかも気にならないらしくて。単に経済的な理由だけで好きって訳ではないようですけどね。

とくに内向的な女性は年上の男性に憧れをもつ傾向がつよいようですね。それが包容力のある男性と結婚したいという真剣な出会いを求めるようになるのかもしれません。 友人に40代の男性と付き合ってる女性(27歳)がいましたが、「いっしょにいて安心感がある」「人生観がすばらしい」「アクティブな人より、おちつける」のが交際している理由だそうです。ひょっとして、彼女はその男性に父親像をみているかも?

自分より二周りも年下の女性と結婚した場合、花嫁の父親が自分と同世代だったりすると罰が悪いものです。また、セックスでの体力面も気になりますし。でも、40代男性が20も若い女性と結婚すると、間違いなく同年代の友人からは「お前はなんてやつだ、うらやましい」とか「何したんだおまえ」とかひどいときには「若い子をたぶらかして、詐欺師!」とか言われることは間違いないですよ?。

posted by 真剣な出会い結婚サポート at 11:55| 年の差婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

30代女性は結婚に対して慎重になる傾向に

女性の結婚適齢期は世間一般的に20代と思われているようですが、30代で意中の男性と出会いがあって結婚というケースも増えているようです。女性は30代で未婚だと、某TV番組のように「負け犬」とか「負け組」とか言われることもありますが、旦那さんとの出会いが30過ぎてからっていう女性もたくさんいますね。素敵な彼と出会うために合コンはもちろん、お見合い紹介登録に、パーティーなどがんばってるけど、なかなかいい出会いがない。気がついたら、30代に突入。

結婚相手にめぐり合うきっかけは様々。予想もしなかったところで意中の男性に出会ったり。そんなことってけっこうあるものです。私の場合は、職場結婚だったんですけど、こいつイヤなやつだな、って思ってた職場の男性が、仕事を通じて助けられたり、別の面を見せられて、徐々に好きになっていったんです。

20歳くらいのときの結婚はほんと勢いみたいなもので、「彼が好きなの?」「彼ほどいい人は他にいないわ」みたいなノリで結婚する女性、たくさんいますけど、30過ぎてくるともっと現実的な生活について彼としっかり話をする女性が多いみたいです。この前、ある雑誌で、彼といつもいっしょにいたかったから同棲に踏み切った30過ぎの女性の話が掲載されてました。彼がその女性のご両親に「心配おかけしますけれど、彼女と同棲させてください」と、ちゃんと挨拶をしてくれたので感激してこの人と絶対結婚したいって思ったんですって。

女性の心の揺れ動きが結婚を意識するのは、彼の誠実なところだとか、将来的な安心感とか、相性とかその女性にとってなにが一番落ち着くかというところでしょうか。20歳代での結婚を勢いとすれば、30代で女性が結婚を決意するのは彼と生活することが自然であること。安心できること。リラックスできること。のように、「人生を伴に」という意識がめばえたときのようです。

posted by 真剣な出会い結婚サポート at 19:29| 30代独身女性の結婚願望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

男性がプロポーズできない理由

お互いに結婚を意識して長年付き合ってきたはずなのに。いざとなると結婚を言いだせない男性ってけっこういるんですね。男性の中には、彼女との相思相愛がわかっていて、デートも重ねているのに、いざ、結婚となると、プロポーズの言葉を言い出せない男性がいるようなんです。

自分の立てた目標を達成するまでは結婚しない...なんて、実はていのよい言い訳だったりします。「結婚=面倒」って考えている男性は少なからずいるみたい。彼女から「結婚式はなるべく多くの人に来てもらいたいわ。それと将来、マイホームは絶対ほしいな〜」なんて言われると、気が滅入るとか。

それに結婚ともなると相手の親や、結婚式のだんどりや職場や親戚との人間関係も含めてやることが山積みですからね。結婚式や結婚生活の理想や希望で、彼と彼女に開きがあることはよくあることです。女性はどちらかといえば、華やかに自分を見せたいし、男性は懐が心配だったりと気にかけているポイントが違ったりするんです。

どうしても相手に対してかっこつけちゃうところもあって、「男の俺がしょってたたなきゃ」みたいな責任感から、結婚を重く考えがちになるんですよね。でも、男性のほうから本音を彼女に伝えれば、意外と理解してくれるものなんです。女性は現実的なので、節約するときは徹底して節約する、なんて頼もしく思えてきて、彼女となら一緒にやっていけそうと結婚を決意することもあるそうです。

posted by 真剣な出会い結婚サポート at 23:11| 結婚期が遅れる30代男性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。